【2019/08/29】 北信越総体2021 第1回長野県実行委員会常任委員会が行われました

長野県スポーツ会館にて、
北信越総体2021の第1回長野県実行委員会常任委員会が行われました。

大会要項素案、使用会場の見通しなどが議題に挙がり、承認されました。

【2019/08/12】 「感動は無限大 南部九州総体2019」を視察してきました

今年度行われた南部九州総体(テニス競技は宮崎県)の視察に行ってきました。

7月31日昼頃宮崎空港に到着。早速会場のKIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園へ。
とっても広い敷地の中に、24面のコートが広がっていました。
日除けのテントが至る所にあり、トーナメントボードや様々な看板が設置されていて
大会が始まるのを待つばかり・・・という感じでした。
大会事務局では選手・監督に配布される袋が並んでいましたが、
競技役員の皆さんは、次の日の種目別開会式の準備で忙しくしておりました。



8月1日午前中は公式練習の様子を見学し、午後は監督連絡会と種目別開会式に参加しました。



種目別開会式後に行われた宮崎市巨田神楽保存会(左)と宮崎県立宮崎大宮高校ダンス部(右)の歓迎演技です。



8月2日から団体戦が始まりました。右は審判補助員が打ち合わせをしている様子です。



← 運営本部です。2階から全コートが見渡せます。

巨大トーナメントボードに試合結果を張る作業(左)と販売ブースの一部(右)です。



長野県代表の松商学園、1回戦で強烈なショットを放つ石垣選手(左)と応援する女子選手たち(中)。
男子は3回戦で相生学院(右)に、女子は2回戦で早稲田実業に敗れました。



団体戦表彰式の様子です。男子は相生学院、女子は早稲田実業が優勝しました。



8月5日から個人戦が始まりました。
もともと8月5日昼頃に宮崎を離れる予定でした。次の日に台風上陸・・・ホッとしました。
台風の影響で個人戦の試合方式が大幅に変更されました。緊急時の対応も見ることができました。

この期間、最高気温は松本市の方が高かったですが、宮崎市は湿気が高い・・・松本とは違った「暑さ」を体感。
いずれにせよ2021年も『暑さ対策』が課題となりそうです。

【2019/07/11】 北信越総体2021 第1回長野県実行委員会総会が行われました

長野県スポーツ会館にて、
令和2年度冬季(スキー・スケート)、
令和3年度夏季(水泳・柔道・テニス・少林寺拳法)合同で
第1回長野県実行委員会総会が行われました。

基本構想案、事業計画案などが議題に挙がり、承認されました。

今後も2021総体に関する情報を、可能な限り掲載していきたいと考えています。



大会愛称・スローガン・シンボルマーク・総合ポスターは3月に決定され、
長野県高等学校体育連盟HP に掲載されています。



トップページ に戻る